第30回新・地域文化講座

明治27年10月、ハーンは「神戸クロニクル」論説記者になるため、神戸に移住してきた。ハーンは驚異的な集中力で毎日1本の論説記事を書き上げた。2ヶ月後、ハーンは過労のため目に炎症を起こして倒れ、医師から「失明を避けるためには、仕事を休み、暗い部屋で安静にせよ」と指示された。

第30回 新・地域文化講座
神戸学をまなぶ~神戸近現代史再発見~
ハーンの眼科医

日時:令和4年12月13日(火)10:00~11:30
場所:ふたば学舎1階1-1多目的室
講師:元芦屋大学教授(国際関係学博士)
   楠本利夫
定員:50名
受講料:1回500円
問い合わせ先:ふたば学舎078-646-8128(担:わかやま)

日付
講師元芦屋大学教授 国際関係学博士 楠本利夫氏
会場 神戸市立ふたば学舎
定員30名(要予約 先着順)
受講料500円
申込方法FAXまたは電話 申込み
申込締切12月9日必着
お問合せ先ふたば学舎
078-646-8128
いさやま わかやま
イベント属性