神戸市立ふたば学舎

戦災、震災を乗り越えてきた二葉小学校は、昭和4年の学校建設に際して、地域の子ども達のためを想った近隣住民の方々から、寄付や住居移転など多くの協力を得た経緯があります。校舎にはその並々ならぬ地元の熱い想いが残っています。

今後はふたば学舎として市民の地域活動への参加を支援するとともに、交流・学び、歴史・文化、ものづくりを通して、地域活性化を担う人材を育成すること、また今まで培ってきた地域の力を結束し、他局・他団体との連携の拠点となることを目的としています。

【外部リンク】ふたば学舎



神戸市立ふたば学舎の開催イベント

神戸市立ふたば学舎

1858年、幕府は「日米修好通商条約及び貿易章程」を締結した。この条約は、外国側に領事裁判権(治外法権)、協定関税制(日本側に関税自主権なし)、片務的最恵国待遇 […]